<活動報告> 2017.7〜2017.9

前橋市委託@「森を歩いて生きものを見つけよう!クラフトも作ろう!」

  7月23日(日) おおさる山乃家 受託協力部会 観察の写真

 夏休みに入ったことで多くの家族が参加し、参加者は、13家族34名、協会員12名でした。午前中は屋内でクラフト作り、午後は山乃家の周辺で生き物の自然観察を楽しみました。
 クラフトは大澤講師の指導で親子が夢中になって作り、素晴らしい作品になりました。
 午後は3班に分かれ、浦野、登坂、田中の各講師に付いて外を回りながら昆虫やナメクジ、アリ、花、葉っぱなど大人では気が付かないほど沢山の生き物を発見していました。(登坂)

自然体験事業@「木工を楽しもう!」

 7月30日(日) あかぎ木の家 受託協力部会 木工の写真

 外は小雨でしたが、親子38名、協会員13名が参加し、木の椅子作りをしました。図面を見ながら、金槌を使って組み立て、午前中にはおおかた形ができました。午後にヤスリをかけて仕上げました。 (櫻井陽子)


自然体験事業A「赤城の自然を楽しもう!」

  8月10日(木) 赤城覚満淵周辺 受託協力部会 観察の写真

 覚満淵周辺をフィールドに、赤城少年自然の家と共催で、小学生から社会人まで53名の参加者と協会員16名が6 班に分かれ、6つの課題(ササの役割、光と植物、森の構成、シカ、コケ、プランクトン)箇所を巡る自然体験学習を行いました。専門知識豊富な8名の講師(亀井・大谷・関端・浦野・櫻井・須藤・田中・關)の、子ども達から発言を引き出す工夫をちりばめた解説に、大人の参加者や引率した協会員までも熱心に耳を傾けていました。(大澤)

前橋委託A「川に入って生き物を調べよう!水鉄砲を作って遊ぼう!」

 8月13日(日) おおさる山乃家 受託協力部会 観察の写真

 午前中はA班 土屋清喜講師、B班 須藤友治講師 、C班 田中和夫講師の3班に分かれて、親子で協力しながら石を持上げたり砂をすくって水生昆虫の採取をしました。カワゲラ類が一番多く水質階級1、きれいな水の河川と判定出来ました。段々採取のコツが掴めると楽しくてなかなか川から上がれない参加者もいました。
 午後は吉田卓一講師、五十嵐由記夫講師、大澤ひかる講師の指導で水鉄砲作りをしました。ピストン棒にスポンジと布を被せタコ糸で調整しながら固定 、竹筒に穴をあけ水鉄砲が出来上がると毎年レベルアップしていく 的当てゲームに挑戦!びしょ濡れで落とされた的を戻す協会員。ガンガン的を狙う子供達は大興奮。夏の水遊びに大満足の一日でした。
15家族38名、協会員14名が参加しました。 (五十嵐ルリ子)

前橋委託B「森の中でゲームを楽しもう!思い出のしおりも作ろう!」

  8月20日(日) おおさる山乃家 受託協力部会 ゲームの写真

 霧雨の中での開始でしたが、いつの間にか霧雨も止み、広場での「コウモリとガ」に子供達は興奮。耳をすませ森の音を聞く「音いくつ」や「フィールドビンゴ」をしました。午後は木の葉や草の葉を使い、しおりを作りました。子供達もお母さん達も楽しそうに作っていました。
 一般13名、協会員8名が参加しました。(吉田幸一)

観音山ファミリーパーク「キッズ自然観察会」

 7月29日(土) 観音山FP 総務企画部会 観察の写真

 関端理事長を講師に、小学生9名大人17名が参加しました。あいにくの雨でしたが、フィールドビンゴで楽しく自然観察し、屋内でセミの雌雄の判定の仕方やセミの体の仕組みなどを学びました。(大畠)



観音山ファミリーパーク「自然観察会」

 観音山FP 総務企画部会 観察の写真

 8月19日(土) 田中講師、参加者13名。類似植物(サンショウとイヌザンショウ、ムラサキシキブとヤブムラサキ、タマゴダケとキタマゴダケ)の観察や多数の昆虫の観察も出来ました。
 9月30日(土) 亀井講師、参加者14名。ドングリのスケッチ、ドングリに穴をあけるハイイロチョッキリの話、ドングリの発芽の仕方を学び、アサギマダラの観察もしました。(大畠)

桜の里整備

 桜の里 インプリの森部会 整備の写真

 7月8日(土) 参加者15名。今年第一回の整備なので、安全祈願祭、新たに購入した簡易研磨機の試運転、初めて参加した会員のための研修を行いました。
 7月22日(土) 参加者12名。湿度が高く、猛暑のため体調に気づかい午前中で終了しました。
 8月12日(土) 参加者10名。ササ林の中は蒸し暑く、汗びっしょりでした。
 8月26日(土) 参加者11名。各人の作業エリアがほぼ決まっているので個人のペースで休憩を取りながら作業をしました。
 9月9日(土) 参加者11名。松枯れの倒木をチェーンソーで処理しながら奥の方へと順調 に作業が進みました。
 9月23日(土) 参加者7名。ササが濡れて重く、また土で汚れていた為、作業着も汚れた が、午後も整備し作業は捗りました。(吉本)

このページの先頭へ

Copyright © 2010 NPO Gunma Green Interpreter Society. All Right Reserved.
2010年11月1日更新
inserted by FC2 system