<観音山ファミリーパーク観察会報告>

4月22日(土)

自然観察会(中央コース→北コース)
天候・晴れ
講師・櫻井
出席者・・一般5名  KFP大辻
   櫻井・亀井・浦野・住谷・田中・南條・茂木・竹内・浅沼・岩丸・大畠
1、冊子の活用の仕方の説明
2、屋外で冊子を見ながら樹木の説明
  アカメガシワ・・新芽が赤いのは紫外線から若葉を守っている。
          (サングラスの役目をしている)
  アラカシ・・新芽が 赤い、その後白になる
  クロモジ・・楊枝に使用、香有り、殺菌有り
  キブシ・・雌雄別木でここのは雌木なので、実をつける
  カスミザクラ、ヤマザクラ
3、室内で植生調査票により木本と草本の蕾△花〇実●の確認
   木本・・蕾6  花12  実5
   草本・・蕾1  花11
  参加の女性曰く「楽しかったです。こんなに草木の種類が有るんですね。私は地元なのに知らなかったです。今度、友達にも教えてあげるわ。」と感動していました。
  自然の森を一周しての観察会でしたので、多種類の樹木を観察できました。冊子ができましたので今後はより分かりやすい観察会になると思います。

4月18日(火)

下見会・植生調査(中央コース→北コース)
天候・・晴れ
出席者・・KFP大辻
     櫻井・宇田川・吉村・南條・田中・住谷・下田・茂木・竹内・大畠

2017年度観察会日程と担当講師

  本番      下見        担当講師
4月 22日  4月18日(火)    櫻井
5月 13日  5月 9日(火)    浦野
6月 24日  6月20日(火)    住谷
7月 29日  7月25日(火)    関端  ・・・小学生向け自然観察会
8月 19日  8月17日(木)    田中 
9月 30日  9月26日(火)    南條(亀井)
10月14日  10月10日(火)   宇多川 
11月25日  11月21日(火)   吉永 

このページの先頭へ

平成28年度観察会報告

4月1日(土)

  上野三碑バスハイク
観察会の写真   天候・・晴れ
 1班・・ガイド:田中・下田・岩丸・大畠 参加者:一般30名 9時30分集合出発
 2班・・ガイド:関端・住谷・坂井・斎藤 参加者:一般36名10時20分集合出発
  観音山ファミリーパーク 第2駐車場を出発して20分後には多胡の古碑に到着しました。ボランティアガイドさんの丁寧な解説を聞き、質疑応答等もたくさん出ました。
  その後、バスに乗って西山名駅に隣接する職業訓練学校前で降り、山の上碑に徒歩で向かいました。足元では、ホトケノザ、オオイヌフグリ、キュウリクサが満開でした。山の上碑でもボランティアガイドさんが解説してくれました。横穴式のお墓の中に入って観音様をみました。古碑の横にソメイヨシノがあって、今にも咲きそうでした。山名城址まで、ソメイヨシノの親木の話や枯れていく桜に着く(クビアカツヤカミキリやキノコ)の話をしたり、満開に咲くヤマツツジ、ウグイスカグラ、椿、カンスゲの解説をしながら山名城跡に到着して昼食となりました。
  午後は落葉広葉樹と常緑広葉樹の雑木林、シュンラン、ツルグミ、ヒサカキの解説を繰り返しながら金井沢の碑につきました。
  金井沢の碑でも解説員さんの話を聞き、バスに乗って観音山ファミリーパークに着きました。午後2時45分、全ての工程を終了しました。
  今回ご参加の皆さんは話も良く聞いて、自然の解説においても興味を持って、質問も多く出ました。有意義な、楽しい1日だったのだと思います。

3月30日(木)

  上野三碑バスハイク 下見会
  天候・・晴れ
  参加者・・KFP3名、協会員17名

3月21日(火)

観察会の写真

  植生調査(中央コース→南コース→城跡)
  天候・・雨
  出席者・・KFP大辻・湯浅
       関端・亀井・櫻井・住谷・宇田川・南條・吉永・茂木・下田・竹内・大畠

2月21日(火)

  植生調査(中央コース→南コース→城跡→中央コース)
  天候・・晴れ
  出席者・・KFP大辻
       関端・櫻井・亀井・宇田川・南條・吉永・下田・住谷・田中・大畠

2月18日(火)

  午前の部  9:30〜11:30
  観音山FP冬の自然観察会 講師・協会員 浦野
  出席者・・一般4名、KFP大辻、協会員25名
  テーマ・・身近な冬(緑の葉に着目)の自然に接し、自然理解を深めよう!!

  午後の部  1:00〜3:00 総務企画部会研修9
  講師・・協会員 櫻井
  テーマ・・地球温暖化と防止対策
  出席者・・協会員21名

2017年1月17日(火)

  植生調査(南コース→中央コース)
  天候・・晴れ
  出席者・・KFP大辻
       関端・亀井・浦野・住谷・茂木・大畠

12月20日(火)

  植生調査(北コース)
  天候・・晴れ
  出席者・・KFP大辻
       関端・亀井・櫻井・田中・茂木・大畠

11月26日(土)

  本番観察会(南コース→城跡)
  今年最後の観察会につき、今までの総復習
観察会の写真 観察会の写真   天候・・晴れ
  講師・・下田
出席者・・一般・2人
     KFP・大辻
     田中・茂木・浅沼・下田・竹内・大畠
講座内容
 屋内(9:15〜10:00)・A4プリント7枚の解説
 植物サンプルの解説
  蕾・・ダンコウバイ・ミツマタ
  芽・・トチノキ・ソメイヨシノ・サンショウ・サンシュユ・ニワトコ
  葉・・アジサイ・コナラ・スギ・ヒノキ・ケヤキ
  種子・・トチノキ・サンショウ・ピラカンサ・コバノガマズミ・シロヤマブキ・スギ・クルミ・サザンカ・ヒノキ・ウリハダカエデ・トウカエデ・ケヤキ・イイギリ・ センダン・ムクロジ・イチョウ・ムクノキ・クヌギ
   *種子の飛ばし、切ったり剥離して顕微鏡で観察、同じ木でも葉や種に大小有り
 屋外(10:00〜11:15)南コース→城跡・・・自然観察会
 反省・・充実した自然観察会総復習でした。
     一般参加者2人は数回参加でしたが、満足いただけたようです。
     来年度は協会主催の講座受講希望のようです。

11月22日(火)

  下見会及び植生調査(南コース→中城跡)
   天候・・晴れ    出席者・・関端・櫻井・浦野・宇多川・茂木・田中・住谷・下田・大畠    講師予定・・下田

10月22日(土)

  本番観察会(園内屋外散策 後 屋内講義)
観察会の写真   天候・・晴れ
  講師・・亀井
  出席者・・一般・・2名
       KFP・大辻
       関端・亀井・茂木・住谷・田中・下田・竹内・無名・大畠
  始めに・・プリント配布及びその内容説明
  屋外 ドングリとその葉っぱ いろいろな種子
    屋内で講義・・ タイトル「自然の森を歩こう」
1、ドングリについて観察し、考えてみよう。
 *何をドングリと呼ぶのか
 *どんなドングリがあるだろうか。
 *ドングリと数枚の葉をつけた小枝が多数落ちているのはなぜか?
 *ドングリやお椀に黒い点が付いているのは何か?
 *ドングリの中に卵や幼虫がいるときがあるが・・・?
2、種子はどのように運ばれるのか調べてみよう。
   (多くの場合、種子は果実に含まれるので、果実がはこばれる。)
 *種子はなぜ遠くに行きたがるの?
 *風で運ばれる種子をよく観察しよう(カエデやイヌシデなど)
 *鳥に運ばれる種子を観察しよう
 *ドングリのように重たい種子はどのようにして運ばれるのか考えよう。
   葉っぱとドングリの 写生  シラカシ、アラカシ、クヌギ、コナラ
   亀井講師持参の数種類の種子を観察
   反省・・日常では特には深く考えないけど、観察すると面白い・・(一般の人の声)

10月18日(火)

  植生調査(中央コース→北コース)
  出席者・関端・櫻井・田中・大畠

10月17日(月)

  下見会(園内ドングリその他木の実等の観察)
  出席者・亀井・櫻井・下田・大畠

9月24日

  本番観察会(中央コース→南コース→中城跡→中央コース)
観察会の写真 天候・・曇り
講師・・宇多川
出席者・・一般 4名、KFP・・大辻・矢島
     関端・宇多川・住谷・下田・竹内・斎藤・大畠



導入・・室内にて、
 1、プリントに書かれてある植物の解説
    ゴンズイ、ニワトコ、ニガキ、エゴノキ、ハリエンジュ、アオダモ、キブシ、アカソ、
    イラクサ、カラムシ、サワフタギ
 2、講師持参のオリンパス実体顕微鏡(約50倍)にて講師準備の植物の観察
    ニワトコの茎の輪切り、葉の表面や雌蕊雄蕊・・・など観察
室外・・?植物解説を本物の木で確認
     ?森林の成り立ち解説・・・関端理事長
     ?その他植物解説
室内・・顕微鏡で観察
     カラムシの葉の表裏面、椿の葉の裏、ツルグミの葉裏・・・など
反省 ・・いつもより倍率の高い顕微鏡で植物の組織や葉の表面を観察できて
     楽しかったです。
     クリがたくさん落ちていて、クリ拾いができました。

9月16日

  下見会・植生調査(中央コース→南コース→城跡→中央コース
出席者:関端・櫻井・田中・宇田川・住谷・大畠
  9月24日本番観察会講師予定・・宇多川
内容 :観音山ファミリーパーク自生植物の一部抜粋を解説

8月27日

  本番観察会(中央コース→南コース→Aアサギマダラ観察地)
観察会の写真 観察会の写真












天候・・雨
講師 ・田中
出席者・一般 2名(キャンセル6名) KFP大辻
    関端・宇多川・住谷・下田・五十嵐・茂木(清)・大畠
導入・・室内にて簡単にあらかじめ用意しておいた植物観察
    ヤハズソウのV字切れとミチヤナギの平形状の切れ、
    ドングリ虫の仕業の枝の解説、
室外・・フィールドビンゴに挑戦
    1、葉っぱをちぎるとV字に切れるのは?         ヤハズソウ
    2、靴より大きい葉っぱ 有るかな?           ホウ・トチ
    3、トゲの有るツルは?         ツルバラ・カナムグラ・クズ
    4、赤い木の実を探そう!                 ゴンズイ
    5、ドングリの付いた小枝をさがそう!  クヌギ・アベマキ・シラカシ
    6、別の色の実あるかな?ホウチャクソウ・コバノガマズミ・キブシムラサキシキブ
    7、匂いの有る花や葉っぱは?           サンショ・ミツバ
    8、虫が食べた葉っぱ                    サクラ
    9、秋の七草とは?                クズ・フジバカマ
 歩きながら ムラサキシキブとヤブムラサキの触感など体験
 春の七草:セリ、ナズナ、ゴキョウ、ハコベ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ
 秋の七草:ハギ、オバナ、クズバナ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、アサガオ
まとめ(室内)
  クズについて・花、葉、つる 部分的に構造解説・関端
  ・片栗粉・・以前はクズの粉でしたが今はジャガイモの粉
(反省) 時間内で終了
     参加者・・・雨の中にも関わらず、真剣に聞き入っていました。
           有意義でした。

8月23日

  下見会・植生調査(中央コース→南コース→中央コース)
出席者・関端・櫻井・亀井・宇多川・田中・住谷・下田・大畠・KFP大辻
  講師予定田中・本番ではフィールドビンゴ予定(植物の特徴)

7月30日

  小学(2年生以上)向け観察会
観察会の写真

天候・・晴れ

講師・・関端

出席者・一般8名・KFP大辻
    田中・茂木・宇多川・住谷・斎藤・大畠

内容
  観音山ファミリーパークの自然を観察しよう

広場を歩いて
1、 フィールドビンゴに取り組もう。木の名前も書こう(16種類記入)。
   室内で用紙配布 
2、 花の作りを調べよう。(ヒルザキツキミソウを分解してセロテープで用紙に貼る)
3、 気に入った1枚の葉のスケッチをしよう。
4、 顕微鏡で観察したものをスケッチしよう

セミ殻を観察しよう(実物を見ながら解答)
1、 スズメバチの仲間の昆虫類
2、 セミの体は3つに分かれている。頭・胸・腹
3、 複眼・触角・吻
4、 足6本・羽4枚
5、 腹の筋 約8本
6、 その他

反省
  高度な内容で盛り沢山でしたが 思ったよりは時間がかからず、満足のいく観察会でした。

7月27日

  7月30日小学生(小学校2年生以上)向け自然観察会下見(公園広場内)
天候・・晴れ
出席者・関端・大畠・大辻

7月26日

  植生調査(南コース→中央コース)
天候・・雨
出席者・櫻井・宇多川・住谷・大畠

6月25日

観察会の写真 観察会の写真 観察会の写真 観察会の写真

  本番観察会(中央コース・城跡→南コース)
講師 ・住谷
出席者・関端、櫻井、大畠、茂木、下田、宇田川、竹内、柳沢
    KFP大辻  一般6名  計15名
天候・・曇り
  天候を心配し、家の庭から数種類の枝を折って行き、会の始まる前にボケの面白い托葉などを観察していただいた。手に取ってまじかに見ることは大切と思ったので。
  ゴンズイやトチノキの実を間近に見てから森に入り、栗の総苞が毬に変化してゆくと同時に子房がクリの実に変化してゆく様を観察すべく刃物で切断してみた。 また、虫こぶのいくつかを切断して観察。
エゴノキのエゴノネコアシ    エゴノネコアシアブラムシがたくさん動いていた。
クリのクリメコブズイフシ    クリタマバチの幼虫が動いていた。葉腋の側芽で越冬。
コナラのナラエダムレタマフシ  ナラエダムレタマバチはすでに孵化しており空であった。
似ている植物のどこが違うかを観察。
  トチノキとセイヨウトチノキ(マロニエ)   ヤマウルシとヌルデ
  サルトリイバラとヤマガシュウ        コウヤボウキとナガバノコウヤボウキ
  ムラサキシキブとヤブムラサキ        アラカシとシラカシ  など
その他、キブシ、ヒメコウゾ、サンショウ、カラスザンショウ、カラムシ、メヤブマオウなど多くの植物を観察。 
時間配分に反省。虫こぶなどを切断して観察したのは好評だった。 

6月21日

  下見会・植生調査(中央コース・城跡→南コース)
出席者・浦野・櫻井・住谷・宇多川・下田・大畠・KFP大辻
 講師予定 住谷・・本番では相似植物の対比中心で解説を予定する

5月28日

観察会の写真 観察会の写真 観察会の写真

  本番観察会(中央コース→北コース)
講師 ・大畠
出席者・住谷・斎藤・竹内・下田
    KFP大辻  一般6名  計12名
天候・・曇りのち晴れ
観察・・クリ、ウワミズザクラ、キブシ、ゴンズイ、オオバコ、アカメガシワ、 サンカクズル、ガマズミ、ミヤマウグイスカグラ、トチノキ・ホウノキ、ネジキ、ナガバノコウヤボウキ、ムラサキシキブ・ヤブムラサキ、ヒメコウゾ、カクレミノ、ハナイカダ、アオキ、シロミノマンリョウ(見つからず)
解説・・パイオニア
    雑木林と人工林
試食・オオシマサクラのサクランボ鈴生りに付き試食。
   ・タワラグミ(ナワシログミ)試食
   ・ミヤマウグイスカグラ試食(2人)
(反省)講師茂木氏欠席・・協会員ベテラン講師多忙に付き急遽大畠が講師。協会員4名参加で心強く観察会が出来ました。
長いコースの選択でしたが、時間内で終了
参加者・・・楽しかった

5月26日

  植生調査及び28日観察会向け下見会(中央コース→北コース)
  出席者 関端・櫻井・田中・大畠
  講師予定の茂木由美さん体調不良に付き欠席、本番も欠席予定
  急遽講師変更・・・・・大畠 
  関端、櫻井、田中に観察会の詳細指導受ける

4月23日

観察会の写真 観察会の写真

  本番観察会(南コース→中央コース(城跡))
     くもり→晴れ
講師・櫻井
出席者・亀井・住谷・茂木・宇多川・大畠
KFP・大辻・他3名    一般・8名   計17名
状況・・ 寒くも熱くもない快適な天候。
若葉・つぼみ・花・実 たくさん有り、満足な観察会
       ウグイス、ガビチョウが鳴いていた
  予定外・・初体験コース・・KFP友の会紹介のミツバツツジ観察有り
(反省)*参加者・・・楽しかった
*時間に余裕有り次回は奥までも一回りできそう(櫻井) 
*大畠 立ち位置悪い・時間の管理無し(茂木)
(後)コース立ち位置良し・時間の管理適当(竹内)

4月19日

  下見会(中央コース→南コース)
出席者 櫻井・亀井・宇多川・茂木・大畠
 ・花がたくさん咲いているので、本番は入口近くのみで奥のコースは行けないかもしれない。
 ・時間の管理 依頼あり ・・ 大畠

2016年度観察会日程と担当講師

  本番      下見        担当講師
4月 23日  4月19日(火)    櫻井
5月 28日  5月24日(火)    茂木由美
6月 25日  6月21日(火)    住谷
7月 30日  7月26日(火)    関端  ・・・  小学生向け自然観察会
8月 27日  8月23日(火)    大畠 
9月 24日  9月16日(金)    宇多川
10月22日  10月18日(火)   亀井 
11月26日  11月22日(火)   下田 

このページの先頭へ

Copyright © 2010 NPO Gunma Green Interpreter Society. All Right Reserved.
2010年11月1日更新
inserted by FC2 system