緑のインプリの森



インプリの森整備の様子(平成28年度)

 整備の実施の様子を紹介しています。

桜の里整備10

11月28日(月)
参加者 4名
*前回と同じく倒木を、玉切りにして整理する作業。午後まで行い今年度の場所を終えることが出来た。
帰りに桜井さんの教室で使用するストーブの燃料として、桜を薪サイズに玉切りして届けることが出来た。

桜の里整備9

11月21日(月)
参加者 4名
*倒木の多くは桜の木で、チェンソー3台を使用して倒木を玉切りにした。ある程度の範囲に集めて整理した。
予想した天気が早く崩れ、午後は霧雨でカッパを着て行った。

桜の里整備8

笹刈りの写真 笹刈りの写真 笹刈りの写真 11月14日(月)
参加者 8名

*桜の里の作業はこれまで雨で中止となって、作業が遅れているためにササ刈を行った。作業し易い天気とベテランの皆さんの頑張りで、ササ刈りはようやく終了した。次回は倒木の整備を予定している。










赤城山覚満渕ササ刈り作戦2

11月6日(土)
参加者 3名(全体の参加者は151名)

*昨日と同じ5班のエリアを担当した。基本的にササは袋に入れて、ススキはヒモで束ねて歩道まで運び出す作業。インプリ以外の参加者と合わせ17名で行い、約1時間で終えることが出来た。終了後は6班の応援をして終えた。

赤城山覚満渕ササ刈り作戦1

11月5日(土)
参加者 8名(全体の参加者は35名)

*私たちインタープリター協会の会員は昨年同様の5班のエリアを担当した。前年まで継続してササを刈って来ているので、ササの丈は短く量も少なくなっており作業は楽になった。少なくなったササの代わりにススキが茂り、ススキを刈る作業がメインになった。参加者は手慣れており予定していた時間より早く終了した。

桜の里整備7

笹刈りの写真 笹刈りの写真 笹刈りの写真 10月22日(土)
参加者 10名

*気候も良く作業には丁度良い日になった。後半に入り作業の進め方について改めて確認しあい作業を進めた。また、倒木を使って休憩・昼食時に利用出来るテーブルを作った。イノシシの子どもが3匹現れた。子供は、人間を無視してマイペース行動していた。悪天候で遅れた分を11月11日(金)に行う事とした。

桜の里整備6

10月15日(土)
参加者 9名

*秋晴れの好天に恵まれた。奥に進むにつれ大きな倒木があって、刈る・運び出す作業の妨げになった。 それでも皆さんの頑張りで、はぼ、予定の範囲を整備できた。

第8回ブレンディの森づくり活動

笹刈りの写真 笹刈りの写真 笹刈りの写真 笹刈りの写真 10月8日(土)
参加者 協会員2名(大松顧問・酒井) 赤城南麓森林組合 前原新組合長他3名 AGF及びAGF関東70名

  10:30開会式 今年6月就任のAGF品田社長が初参加し、記念植樹を行い本日の作業がスタート。
  5班に別れて、杉の苗木105本の補植に続き、広葉樹林の下草(笹)刈り、細い檜の間伐を昼食を挟んで14時まで行いました。「今回が一番疲れた」との声が多くありましたが、気持ちよい汗を流した秋の一日でした。(酒井)

第7回ブレンディの森づくり活動

笹刈りの写真 笹刈りの写真 笹刈りの写真 9月24日(土)
参加者 協会員2名(大松顧問・酒井) 赤城南麓森林組合3名 AGF及びAGF関東50名

  開会式・ラジオ体操の後、11時過ぎより約1時間、5班に別れてネットに絡んだツルの除去、ネットの下回りの笹刈り、苗木に巻き付いたツルの除去を行いました。
  昼食後、作業を再開して間もなく雨が降り始めたため13時に終了、赤城神社社務所で閉会式を行い早めの解散となりました。(酒井)

ひるねの森整備

9月15日(木)
参加者 4名

*赤城自然塾の小林さんから要請があり、午前中(ひるねの森)植林した杉の周りの下刈り行った。
 午後は場所を移動して17日に観察会がある為の準備で、観察路のササ・草の下刈を行った。

桜の里整備5

笹刈りの写真 笹刈りの写真 笹刈りの写真 9月10日(土)
参加者 10名

*まだ日差しは強いが、湿気が少なく秋らしい天気になった。計画の約6割を終えた。大松・酒井さんで再度計測をした結果だ。道路から離れた中心部のササは太く、直径1.5センチあり手強い、刈刃が悲鳴を上てるようだ。刈ったササを運び出し並べ整理して終了した。

桜の里整備4

笹刈りの写真 笹刈りの写真 笹刈りの写真 9月3日(土)
参加者 8名

*北側の道路から南に向かって約、40mの幅で作業が終えた。ササが太くササ刈専用の刃だと、一時間程で切れなくなってしまい、休憩時に研ぎながらの作業となった。刈刃を従来のチップソーに次回から戻してやって見る。

桜の里整備3

笹刈りの写真 笹刈りの写真 笹刈りの写真 8月6日(土)
参加者 13名

*作業の前に缶・ペットボトル等のゴミ拾いをした。缶・その他と二つに区分した、前橋市指定のゴミ袋大が一杯になった。前回から2週間しか経たないが、投げ捨てをする人がたくさんいるのか?。
仮払い機はササが硬く半日で切れが悪くなるため、ヤスリで目立てをしての作業となる。猛暑なので塩分・水分休息を十分に摂って進めた。午後、ほぼ予定した広さを終えて終了した。

桜の里整備2

笹刈りの写真 笹刈りの写真 笹刈りの写真 笹刈りの写真 7月23日(土)
参加者 12名

*当初予定した9日が、雨天で中止となった為、今回が「桜の里」の最初の整備となった。初めての整備であり、あらためて安全祈願祭を実施した。作業をするにあたり、経緯や、現場の確認、仮払い機の調整等を行って開始した。基本的に作業はササ刈のみだが、背の高いササに苦戦をした。ほぼ予定した面積を終えて午後終了した。

桜の里整備

7月9日(土)
雨天により中止とした。

桜の里整備1

7月7日(木)
参加者 3名

*9日から始める整備の為、現場での測量や駐車できる場所の確保等の作業を行った。

インプリの森整備6

6月25日(土)
参加者 3名

*前半、インプリの森の最後の整備日でしたが、雨天の為中止としました。大松・酒井・吉本は
 次回から新規予定の桜の里の準備の為、用具の点検、作業の進め方等について打ち合わせた。

インプリの森整備5

笹刈りの写真 6月11日(土)
参加者 4名

*気温の高い日になった。4月に刈ったササも新たに新芽が出てきているので観察のできる遊歩道を整備した。午後3時まで作業をして、4人で歩道一周のササを刈ることが出来た。


第6回ブレンディの森づくり活動

笹刈りの写真 笹刈りの写真 笹刈りの写真 6月11日(土)
参加者 協会員2名(大松顧問・酒井)赤城南麓森林組合3名 AGF関連45名

10:25開会式、ラジオ体操の後、今回は4班体制で作業開始。
前回に続き苗木回りの除草と、散策道脇の笹刈りを行いました。
暑い日になりましたが、森林組合の皆さんが苗木回りを残して除草しておいてくれたので作業が多いに捗り、14時には終了しました。参加者全員、いい汗流しました。(酒井)

インプリの森整備4

樹名板取付けの写真 樹名板取付けの写真 樹名板取付けの写真 6月6日(土)
参加者 8名

*昨年取り付けた樹名板が風雨で、ほとんどが落ちてしまい新たに取り付けた。 新しい樹名板はサンデンさんに作成して頂いた。作業は樹木を再確認して紐の長さ・バネの調整、高さなど見て取り付けた。予定の午前中で終えた。

第5回ブレンディの森づくり活動

笹刈りの写真 笹刈りの写真 笹刈りの写真 5月28日(土)
参加者 協会員2名(大松顧問・酒井)赤城南麓森林組合3名 味の素及びAGF関係者50名

11:15開会式。今年度最初の活動ということもあり、山本前橋市長が出席され、ご挨拶及び記念植樹を行いました。
作業は5班に分かれ、植樹した杉の周りの除草(笹刈り)と散策道の整備を行いました。
昼食を挟んで交代し、それぞれ一時間程の作業でしたが、除草については今までで一番きつかったとの意見が聞かれました。
3時前にはすべての作業が終了し、おいしいコーヒーをいただいた後、閉会式・解散となりました。(酒井)

インプリの森整備3

5月28日(土)
参加者 2名

*他の事業と重なって、2名になってしまった。当初はチッパーを使用して倒木 の片付けえを予定していたが、変更して倉庫近辺の草・ササを刈った。天気に恵 まれた。

インプリの森整備2

笹刈りの写真 笹刈りの写真 笹刈りの写真 5月14日(土)
参加者 9名

*前回と同じく遊歩道の整備を行った。今回の作業で沼までの歩道と、森の東に位置する斜面の下の歩道を含め全てを終えた。定期的には整備も必要なので随時状況を把握して行く。昨年、植樹した木もようやく根付いて来たので、手入れをしながら樹木の観察をした。

インプリの森整備1

笹刈りの写真 笹刈りの写真 笹刈りの写真 4月23日(土)
参加者 会員9名 サンデンファシリティ・落合さん 合計10名

*今年度、初めての整備日であり、毎年行っている安全祈願祭を実施した。今年度はインプリの森内で、自然観察会ができるように遊歩道の整備を中心に行うため、事前に参加者全員で、下見をして場所や作業の確認を行った。作業はササ刈り・草刈り・倒木の等の片付けを行ない午後終了した。

このページの先頭へ

インプリの森整備の様子(平成27年度)

 整備の実施の様子を紹介しています。

ブレンディの森活動作業4

鹿よけネット張りの写真 鹿よけネット張りの写真 10月3日(土)
参加者 協会員2名(大松顧問・酒井) 赤城南麓森林組合3名 AGF関係65名 合計70名

  10:50 三夜沢赤城神社駐車場にて開会式。
今回は第二回実施地域の二ヶ所でネット回りの除草とツルの手刈りを行いました。 前回、予定以上に作業が進んだので今回は残りが少なく、一時間弱で終了しました。
昼食後、恒例となった二人挽き鋸のタイムトライアルとチエンソー体験に続き、今回は全員で水源への散策を行いました。 水源では大松顧問より、伏流水や赤城山南麓の森林についての説明が行われました。 今回も御神水でいれた美味しいAGFのコーヒーとお菓子をいただき、14時前には閉会となりました。
次回は来春の予定です。 (酒井)

ブレンディの森活動作業3

鹿よけネット張りの写真 鹿よけネット張りの写真 鹿よけネット張りの写真 9月26日(土)
参加者 協会員2名(大松顧問・酒井) 赤城南麓森林組合3名 AGF関係65名 合計70名

  11:00 赤城神社駐車場にて開会式。主催者挨拶等に続き大松顧問より、当協会の設立や活動内容についての説明が行われました。 今回は第一回実施地域のネット回りの笹やつるの手刈りを行い、昼食をはさみ約一時間半で予定以上の作業ができました。 昼食後は二人挽き鋸の丸太切り対抗、チエンソー体験、前回に続き水源の観察も行われました。
本日も御神水で入れたおいしいAGFのコーヒーとお菓子をいただき、15時過ぎに終了しました。
次回は10月3日(土)に実施予定です。 (酒井)

インプリの森整備9

9月12日(土)参加者6名

  長い雨天が続いたが好天に恵まれた。やはりこの時期は草もササも育つのが早く、刈り払い機を使用して全員でササ刈りを行った。室沢の森からインプリの森に入るまでの歩道の草も伸びたため下刈りをした。

三夜沢地区の森整備

9月6日(日)参加者6名

  群馬緑の県民基金対象地区・「三夜沢地区」の下刈り作業を実施した。天気予報では雨であったが幸い作業中は降られず、作業も捗って予定した場所を午前中で終える事が出来た。

インプリの森整備8

8月23日(土)参加者7名

  7名全員刈り払機を使用した、ササと、つるを取り除く作業をした。これまで整備をしてこなかった場所で足場も悪く、急斜面で厳しい内容だった。

インプリの森整備7

ササ刈りの写真 8月8日(土)参加者5名

  8月8日は5名の参加、やはり暑いので参加者は少なくなりますね。前回まではチッパーを使って伐倒した主にスギの木を粉砕処理をしてきたが、一段落したのと気分 転換も含め、ササ刈りを行った。今が最もササが伸びる時期なので一度では無理なので次回も継続する。植樹した木がササに囲まれた為、カマを使って手作業でササ刈りを行った。

インプリの森整備6

7月25日(土)参加者6名

  参加者は少なかったが、ササ、草が茂ってきた為、二班に分かれ二名が刈り払い機を使用して西側の斜面を整備し、もう一班は引き続きチッパー処理作業を行った。 暑く午前中一杯作業して昼食後、解散とした。 

インプリの森整備5

7月11日(土)参加者6名

森整備の写真  継続してチッパー処理作業を行った、予定の約半分まで進めた。

インプリの森整備4

6月27日(土)

  雨天により中止とした。

インプリの森整備3

6月13日(土)参加者11名

  前回に引き続き、道路脇に積まれた枝をチッパーにかけました。同時に一部コナラ林の下刈り作業を行いました。前回に引き続き、道路脇に積まれた枝をチッパーにかけました。同時に一部コナラ林の下刈り作業を行いました。

ブレンディの森活動作業2

鹿よけネット張りの写真 鹿よけネット張りの写真 鹿よけネット張りの写真 6月6日(土)
参加者 協会員2名(大松顧問・酒井) 赤城南麓森林組合3名 AGF関係62名

  前回の作業地に隣接した2ヶ所で二回目のネット張り作業を行いました。各班の担当地域は前回の半分程の長さでしたが、地形が複雑で傾斜もあったため昼食をはさみ2時間以上と、予想以上に時間がかかってしまいました。
  作業終了後、近くの赤城山の伏流水が湧き出す場所を散策し、このせせらぎが荒砥川となり利根川に合流しブレンディコーヒの水となる説明を行い、改めて森の大切さを再確認しました。
次回は9月に下草刈りの予定です。

ブレンディの森活動作業1

鹿よけネット張りの写真 鹿よけネット張りの写真 鹿よけネット張りの写真 5月24日(土)
参加者 協会員2名、全体で80名

  AGF本社社長を始め関東各地の味の素の関連会社から作業担当約50名、その他約30名の合計約80名が参加し、前橋市三夜沢町(赤城神社隣接地)の「ブレンディの森」で鹿よけネット張り作業を行いました。

  作業担当者9名から10名を一班として5班に分け、赤城南麓森林組合から石塚課長+2名、インプリ協会から大松顧問と酒井の合計5名が各班のリーダーとなり作業を指導しました。
11時からの開会式に始まり、記念植樹、昼食をはさんで前後一時間の作業、終了後赤城神社の御神水で入れたAGFの美味しいコーヒーをいただき16時に閉会となりました。
今回は指導者としての作業も試行錯誤の状態でしたが、次回(6月6日)以降はリーダー、参加者ともさらに慣れたスムーズな作業になるものと確信しました。

インプリの森整備2

5月23日(土)参加者10名

  インプリの森脇に積まれた伐採後の枝をチッパーにかけ、チップを道状に撒きました。作業前、伐採用の道を通り室沢新沼まで散策し、少しの整備で良い自然観察ルートになることを確認しました。

インプリの森整備1

間伐の写真 間伐の写真 5月9日(土)参加者17名

  9時過ぎより、17名(会員16名+サンデンファシリティ台社長)が参加して今年度の作業の安全祈願祭を実施、大松顧問と台社長のご挨拶を頂きました。午前は道路脇とインプリの森、午後はインプリの森の草刈を皆さんで行いました。
  午前中は少し雨が落ちる時間もありましたが、久しぶりの作業に皆さんが張り切ったせいか、2時過ぎには予定作業終了しました。
(昼より六本木さんが参加し会員参加本日17名)

このページの先頭へ

インプリの森整備の様子(平成26年度)

 整備の実施の様子を紹介しています。

第14回森林整備

間伐の写真 間伐の写真 10月25日(土)参加者13名

  *秋晴れの好天にめぐまれた。引き続きノリ面の間伐を行った。植林から十年以上経て込み合ってきた樹木を選定し伐倒した。一度には出来ないのでチッパーの能力 に合わせて切り出した。大量の枝葉である。午後はチェンソー他の手入れと、下草刈 り、また、春にインプリ森に植林をした木に、名盤を付けた。

第13回森林整備

間伐の写真 間伐の写真 10月11日(土)参加者13名

  *台風の心配をしたが、予想より遅れたため、好天の中整備することが出来た。サンデン敷地内の造成した斜面の間伐で、前々回行ったエリアだ。赤城自然塾の小林さん他の応援もあり、作業は捗った。チェンソー3台フルで回した為、チッパー処理が間に合わず、昼食後、継続して作業を行った。

第12回森林整備

ササ刈りの写真 9月27日(土)参加者10名

  *前回と同じ場所の整備を予定していたが、サンデンさんの都合によりインプリの森の整備に変更した。東斜面のササを刈った。急な場所であり安全第一で進めたが捗った。 また、西側の歩道に草、ササが繁ったためこちらも合わせて整備した。

第11回森林整備

ササ刈りの写真 9月13日(土)参加者14名

  *前回予定をしていた、工場内の造成した斜面の間伐を行った。今回は初めての場所で植林した木が大きくなり根がはって、側溝を壊しかねないため、事前にチェックした約20本を伐倒した。枝葉は駐車場まで運びチッパーで処理した。サンデンさんの研修生も加わって作業は捗った。途中チェンソーの使い方について研修生に指導した。

第10回森林整備

ササ刈りの写真 8月23日(土)参加者10名

  *サンデンの工場内の整備を予定していたが、天気が不順で雨が降る事も考慮してインプリの森のササ刈り、下草刈りに変更した。ササや草の生えるのが早く、作業は捗ったが、まだ、次回も同様の作業は必要だ。昼食時はいつも楽しく和気合い合いの懇談になった。午後は雨が予想され昼食後、片付けを行って終了した。

第9回森林整備

8月9日(土) 台風接近により中止とした。

第8回森林整備

ササ刈りの写真 8月5日(土) 参加者 8名

  *サンデン森の教室にて、将来の森の姿を目標にした森林整備指針を策定するための意見交換を行った。インタープリター協会員の意見だけでも様々な考え方があるので、今後他のボランティア団体の意見を聞いたり、自然保護連盟に委託調査中のモニタリングの結果等を勘案して、管理指針を策定することを期待する。

第7回森林整備

ササ刈りの写真 7月26日(土) 参加者 7名

  *予定していたオオバヤシャブシの整備が前回で終了したので、今回は室沢交流の森の入口からインプリの小屋までの道両側の下刈りを行った。  猛暑日が続く中で今日は特に暑く熱中症の危険もあり、午前中で作業を打ち切った。

第6回森林整備

ササ刈りの写真 7月12日(土) 参加者 10名

  *南ビオトープ周辺のヤシャブシの間伐を引き続き行った。この日も暑く休息を多く取りながらの作業となった。午前中に予定していた赤テープで表示した全ての木の処理が終了した。累計で約120本を処理することが出来た。
 午後はインプリの森で刈払い機・チェンソーを使って作業する班と、丸太で作った橋の修理を行う班に分かれて作業をした。暑さから足が軽いけいれんになった方も出たので、今後も熱中症に気をつけてやって行く。

覚満渕シカの防護柵取り替え・網の補修作業

ササ刈りの写真 6月25日(水) 参加者 3名

  *群馬県自然環境課から支援の要請があり、急でしたが3人が参加した。  今年の2月の大雪でポールが倒壊した為、カラマツソウ・ニッコウキスゲ他が  食害にあっていた。対策の為の予算化がされたので、これまでのより強固な柵  を設置できた。赤城山の自然保護活動推進協議会関係者が45名集まった。

第5回森林整備

6月28日(土) 雨天により中止とした。

第4回森林整備

ササ刈りの写真 ササ刈りの写真 ササ刈りの写真 ササ刈りの写真 6月14日(土) 参加者 11名

  *梅雨に入ったが、晴天に恵まれて作業は捗どった。前回と同じオオバヤシャブシの間引き伐採です。3班に分かれ各班、チェンソー1台を使用して全体で約25本を倒した。チッパーで枝葉を処理し、丸太切りした太い木は土留めになるように斜面に並べて処理した。また六本木さんには、通路として使用する谷の斜面の下刈りをして頂いた。朝礼時・昼食時にシイタケ栽培の今後の管理について学んだ。

第3回森林整備

ササ刈りの写真 5月24日(土) 参加者 11名

  *今回から、サンデン敷地内にある森全体の整備を支援することになった。  会員の技術を(チェンソー)向上させることや、樹木他についても学べるので インプリの森の定期的な整備と併用して、進めていく。  作業はオオバヤシャブシの間引き伐採。インプリの森から沢をはさんで、西側の  斜面(ノリ面)に植樹したヤシャブシ(不要)を処分した。午後は道路の両側に 繁茂した笹刈りと、倉庫内で使用する棚を作成する班に分かれて作業した。




第2回森林整備

ササ刈りの写真 5月10日(土) 参加者 11名

  *前回の整備時に、倒伐したコナラの木を利用してシイタケを栽培したいとの要望 があり、六本木さんに講師をお願いし実践した。六本木さんには、シイタケの菌 の手配から必要な道具、藁など全て手配頂き感謝する。1m弱の原木に穴を空け、 菌を金槌で打ちこんだ。使用した菌は千個で、一人4本持ち帰る事が出来た。  今後の育て方についても教えて頂きましたので、これから楽しみに時期を待つ。 整備作業は西斜面の倒木、落下した木を拾い、また、大きいのはチェンソーで  刻んだ後チッパーで処理できるところまで運び上げた。きつい作業だった。

第1回森林整備

ササ刈りの写真 4月26日(土) 参加者 会員16名、サンデンさん3名、合計19名

  *今年度の最初の整備日であり、サンデンさんの(台 善一代表)も参加を頂き  安全祈願祭を行った。初めなので刈払い機、チェンソーの点検を小澤・近藤の  両氏に指導をして頂き行った。整備前に森を一周して見て回り、今後の作業に ついて参加者に確認して頂いた。午後は、刈払い機、チェンソーを使って作業 を行った。季節も良く天候にも恵まれて、一日の整備を終える事が出来た。
  尚、倉庫に棚を作る事になり、木材とカーテン他の購入をした。

このページの先頭へ

森林整備の様子

 「室沢交流の森」整備の実施の様子を紹介しています。

ササ刈りと片付け

ササ刈りの写真
 ササ刈り










切ったササの写真
 倒したササ










集めたササの写真
 集めたササ










チッパーの写真
 チッパ―へ

このページの先頭へ

Copyright © 2010 NPO Gunma Green Interpreter Society. All Right Reserved.
2010年11月1日更新
inserted by FC2 system